犬の整体

犬の整体

犬の整体ビフォーアフター 両前足骨折のトイプードル

両前足を同時に骨折してしまったトイプードル。後はプレートを取るだけ、というところまで回復しましたがしばらく不自由だったのできっと大きな負担があるだろうという事で整体を受けて下さいました。大けがしていたとは思えないくらい元気で明るいCちゃんの整体ビフォーアフターです。
犬の整体

左右の歩幅が違う・体が歪んでいる

お散歩の時に犬の歩き方に注目してみましょう。よく観察すると左右で足の出し方が違う事に気が付くかもしれません。もし左右差があるならちょっと注意した方がいいかもしれません。筋肉が原因なら整体で改善できる事があります。
犬の整体

よくつまづく子は肩甲骨の高さが違うかも

前足のパッドの位置がいつも左右で違う、という時は肩甲骨の角度が左右で違うのかもしれません。放置しているとだんだん歩きづらくなったりつまづきやすくなったりケガにつながる事も。ちょっと肩甲骨を気にしてみませんか?
犬の整体

犬が後ろ足を前に投げ出して座る時

愛犬ちゃん、ちゃんと座れますか?前から見てちゃんと座れていても横から見たら後ろ足がちゃんと折り畳めていない、ということがあります。犬もだらっとしている時は足を緩めて座りがちですがいつもだらっと座っていたら要注意。今回は後ろ足を前に投げ出して座る、というワンちゃんについて書きたいと思います。
犬の整体

犬のお散歩がいつも同じ側につきたがる

お散歩で歩く時いつも同じ側につく、反対側につけると嫌がるというなら体が歪んでいるかもしれません。左右の筋肉のバランスも崩れてしまっている事も考えられます。詳しく書いてみました。
犬の整体

膝を曲げずに歩く犬

膝を曲げずにロボット歩きをしているワンちゃんは結構います。そしてロボット歩きのワンちゃんは概ねガニ股です。なぜなのか詳しく解説しました。
犬の整体

犬が横座りする理由とケアの方法

犬の横座り・お嬢さん座りは「パグ座り」と言われて愛嬌のあるカワイイ座り方ですが常にしているなら要注意。座りたくてもきちんと座れないのかもしれません。なぜ足を横に出して座るのか?ケアの方法は?詳しく解説しました。
犬の整体

腰を大きく振って歩く犬について

お散歩の時の歩き方に注目してみましょう。後ろ足を自然に出せていますか?腰を大きく振って勢いで出しているなら要注意。後ろ足のコリが原因で足が出しにくい場合があります。
犬の整体

首が上げられないワンコ

人の頭は上に乗っている形ですが犬の頭の位置は常に前に突き出しています。ただ立っているだけで常に頑張っている首。コリのせいで顔が上げられなくなっているわんちゃんがいます。
犬の整体

なかなか座ろうとしない犬について

座ろうとしてぱっと立ち上がる、というところを見たことはありませんか?「座ればいいのに」って声をかけてしまいますが、座りづらい状況があるのかもしれません。横座りや足を前に投げ出して座る子も同じ理由で要注意です。後ろ足のケアしてあげましょう。
犬の整体

犬がいつも同じ側を下にして寝ていませんか?

おうちのワンちゃん、いつも同じ側を下にして寝ていたら要注意。下にする方の筋肉はケアしなければどんどん硬くなってしまいます。足の可動域も狭くなってしまいます。
犬の整体

犬のガニ股について

おうちのワンちゃんガニ股になっていませんか?ガニ股は見た目の悪さだけでなく足への負担も気になります。ガニ股のコは膝も使えていません。詳しく解説してみました。
犬の整体

犬の背中が丸い?お尻が落ちてる子について

老犬にみられる背中の曲がった姿勢。なぜそのような姿勢になっていくのでしょうか。 してあげられるケアはあるのでしょうか。放っておいたらどうなるのでしょうか。詳しく解説してみました。
犬の整体

犬の整体ビフォーアフター 6カ月のトイプードル

トイプードル子犬の整体ビフォーアフターのブログです。
犬の整体

犬の整体ビフォーアフター コーギーの整体

犬の整体は姿勢や動きの改善だけではありません。体調の改善にも効果があります。シニア犬のなって最近便の切れが悪かったというコーギーちゃん。筋肉をほぐす事で腸の動きが良くなり便通が改善されることがあります。
犬の整体

犬の整体ビフォーアフター ガニ股のトイプードル

特にシニア犬によくみられるガニ股。ガニ股は見た目の悪さだけでなく体に大きな負担がかかっています。長年かけて形成された姿勢は筋肉のコリやハリをケアしてあげることで改善できます。
犬の整体

犬の整体ビフォーアフター 股関節形成不全と言われたバーニーズ

整体で股関節形成不全を治す事はできませんが負担のかかっている部分をケアすることで歩きやすくしてあげることは可能です。ずっと歩ければ手術する必要はないのではないでしょうか。
犬の整体

ミニチュアダックスフンドの整体ビフォーアフター

早足になると右に曲がって斜めになっていたというミニチュアダックスのAくん。右に負担がかかっており動かしにくかったのでしょう。アフターは股関節伸展の可動域が広がり蹴り出しが大きくなりました。
犬の整体

飼い主さんの老犬ケア②老犬だって歩けるようになります!

こんにちは。 犬の整体 歩くいぬの佐々野です。 犬に限らずペット達がほんとに長生きになってきました。 獣医さんが人並みに...
犬の整体

飼い主さんの老犬ケア①老犬でも復活できる!

シニア犬にとって飼い主さんのケアは必須。ほとんど動かせなかった後ろ足が飼い主さんの努力と整体ケアで動くようになりました。
タイトルとURLをコピーしました