1歳ピレニーズ(股関節形成不全)の整体ビフォーアフター

ビフォーアフター

こんにちは。

犬の整体とケアのお店歩くいぬです。

このブログは元動物病院勤務、現在犬の整体師をしている佐々野が書いています。

まだ若いグレピさん。
両股関節形成不全。(レベルは同じ位だそう)


触った感じ、右前のコリが大きいので
恐らく左の方が使いにくいのではと予想します。
(飼い主さん曰く、左の方が支えられないとのこと)

考察
・後ろモモのコリが解消→骨盤が前屈し股関節の可動域が広がった
・尻尾の位置があがった
・股関節に頼れない分ふらつく→左右殿筋のコリ
 形成不全があるのでこれはどうしようもないかも。
・肩甲骨周りのコリを解消し良く動くように→前足の踏み込みが大きくなった
.
おうちでは嫌がっていた腰のマッサージを嫌がらなくなったそう。

股関節の可動域が広がっています。


股関節形成不全の子は腰を痛めやすいのです。


施術中も最初は嫌そうだったがほぐれてくると寝てくれました。
.
まだ若いが何もしなければ数年後は
骨盤、肩甲骨が立ち腰が落ちる姿勢が予想できます。


そうなると関節の可動域が狭くなり→筋力低下→最悪寝たきり…


という老後も想像できるので若く動けるうちからの
筋肉貯金をお願いしました。


筋肉貯金に可動域の広さは不可欠です。
.
【追記】
おうちで嫌がっていた腰のマッサージ、
施術後からずっとさせてくれているそうです😊

動画はコチラ

タイトルとURLをコピーしました