犬に階段行かせるか抱っこするか問題:犬の整体

犬のライフケア

こんにちは。

犬の訪問整体歩くいぬです。

犬に階段を歩かせるかどうか悩んでる飼い主さん多いのではと思います。

「本人は行こうとするんだけどどうなんでしょうか・・・」と相談を受けます。

私は、特に問題がなければ筋トレのいい機会なので行ってもいいんじゃないかと思います。

 

階段がダメな場合って・・・?

階段がダメと思っているのは小型犬の飼い主さんが多いかと思います。

さっと抱っこしやすいし、特に理由なくお散歩仲間に言われて

なぜか「小型犬に階段はダメ」と思っている方もいらっしゃいます。

本当にダメなんでしょうか?

犬が平地でのみ狩りをしていたとは考えにくいし

そんなに関節の可動域は狭くないので構造から見ても上り下りできます。

なにか疾患があってドクターストップがかかっている場合の除いて

たとえ小型犬でも行けるのであれば筋トレ兼ねていって欲しいと思っています。

何もないのに階段を躊躇するということであれば、手が出しにくいとか足を曲げにくい

下りであれば体重を前にかけにくいといった理由があるのかもしれません。

 

犬の骨格、階段はこんな感じで動いています

のぼり↓

肩関節やひじを曲げ股関節をしっかり伸ばしてからの~

後ろ足をしっかり引き上げて~

立つ!

下り↓

肩関節や股関節をしっかり曲げ伸ばししてからの~

着地!背中や各関節を屈曲させて衝撃に備えます

しゅた!

ママー!

 

重力がかかるので平地とは比べ物にならないほど筋肉使ってます

関節を曲げたり伸ばしたり。肩甲骨だってよく動いてる。

平地を普通に歩くのとは比べ物にならないほど筋トレしてます。

おまけに重力に耐えたり衝撃に備えたり筋肉はとっても忙しいことになってます。

こんなに筋トレできるのに、ひょいと抱っこしちゃうのって

もったいないな、と思ってしまいます。

そしてコリのせいで関節がうまく動かせないと本人が分かっていたら

そりゃ怖がったり躊躇するでしょう。

実際、施術前は転がるように落ちていた階段を施術後はすんなり行ける事もあります。

行けるならまたそれが筋トレに繋がっていきますよね!

 

タイトルとURLをコピーしました