犬猫のケア 口内ケアの大切さ

犬のライフケア

こんにちは。

犬の訪問整体歩くいぬです。

こんにちは!犬の整体 歩くいぬの佐々野です。

多くの飼い主様が様々な[愛犬ケア]に力を入れておられると思います。

食事、爪切り、お尻絞りだったり美容もそうでしょう。

ケアとは、それ自体は病気を治すような強力なものではありませんが長い目でみるといい結果がある、というものです。

その中でもとても大事なのが口内ケア。口内ケアされていますか??

毎日の事なので正直面倒くさいです。

でも面倒でもなんでもケアしなければ、ただ臭い・汚いというだけでなく結構怖いことになってしまいます。

 

雑菌の怖さ:なぜ雑菌が怖いのか

雑菌?と思われたでしょうか?

 

愛犬の病気において、「ガン」を怖がる飼い主さんは多いです。

ガンは細胞が傷ついて変異したもの。

ではなぜ細胞が傷つくのか。

というと原因は「活性酸素」という物質です。

ではなぜ活性酸素が発生するのか。

それは免疫が働くからです。

免疫とは体を守ってくれてるとても有難い機能ですが

免疫が働くともれなく活性酸素が出て細胞を傷つけます。

 

ではなぜ免疫が働くのか、というと・・・

雑菌や余計なもの(化学物質や添加物やPMや・・・色々です)が体内に入るからです。

では雑菌はどこから体内に入るのか。

侵入経路の一つが歯根です。

歯根は雑菌の温床です。飼い主としては見た目にも汚い「歯石」そのものが気になりますが、怖いのは歯石ではなくその周りについているヌメヌメ「雑菌」です。

その雑菌が歯根から体内に入ってしまうのです。

愛犬のお口、近くで匂えますか? 

無理!となった飼い主様はすぐにでも口内ケアを始めてください。

無理!とならなかった方は今の状態を維持すべく口内ケアをしてください。

息が匂う、唾液がねばつく、食器がねばつく、舐められた所が臭い、などは全て雑菌のせいです。

ケアしていない口は公衆トイレを咥えているようなもの。ですよ。

ガンを挙げたのは例えの一つです。雑菌は心臓や腎臓、その他臓器の病気の大きな原因の一つです。

 

人にも影響大

自分のお箸でお弁当のごはんを取り、そのまま犬にあげる人をみたことがあります。そのお箸で自分も食べる。

・・・恐ろしいです。

そんなことはさすがにしてないよ、という方が大半かもしれませんが、そこまでしていなくても一緒に寝たりしていませんか?

犬は愛情表現で相手の口元をペロペロします。

ハァハァする息にも当然雑菌は含まれています。

 

愛情持って近くにいればいるほど人への影響も高くなってしまうのです。

私のように犬の仕事をしている人(トリマーやVTなど)は日々色々なものを吸い込んでいるので心臓や腎臓を悪くする人が多いのだそう。

愛犬の為だけではありません。家族の為にも口内ケアに力をいれるべきです。

 

ちなみに。。。免疫の凄い機能

体を守る免疫が働けば働くほど活性酸素が出て体はガンになるのでは?

というわけではありませんよ。

免疫が働きすぎないように制御する機能が体にはちゃんと備わっています。

そうじゃないと体は活性酸素で満たされ、それが原因で死んでしまいます。

体を守る機能が体を死に追いやるなんて元も子もありません。

私はこの機能を勉強した時、とても感動しました。

ほんとに体ってよく出来ています!

犬の体も同じ。彼らは私たちが思うほど弱くないんです。

 

というわけで。。。

整体を受けられる方には口内ケアをお願いしています。

須崎先生は「縛ってでも口内ケアをしろ」とおっしゃっています。「え~なにそれ?(笑)」って笑う方もいらっしゃいますがそれくらい重要だという事です。

事実、一日でもさぼると匂いしますよ?

どんなにケアしても完璧に予防はできませんが努力する価値は絶対にあります。

そして「今頑張ってるよ!」という方、効果を感じていますか?

効果があるかどうかは匂いで判断できますよ。

匂いの元は雑菌。怖いのは歯石ではなく雑菌です。

ケアしてるのに変わらず匂う、というのは効果がないと思っていいと思います。

せっかくケアするのですからぜひ「効果のあるケア」をしてくださいね。

佐々野はコレで頑張っています。須崎動物病院の口内ケア。

安くはないし手間も時間もかかるけど理にかなっていると思います。

始めた時についていた歯石はついていますが匂いは激減しました。(歯石は物理的に取り除かない限り簡単には取れません)

口角をめくってものすごく近くで匂うと匂いますが、生きている限り雑菌をゼロにすることなど不可能ですから毎日イタチごっこでやっています。

 

犬の整体、食育、その他のブログはこちら

お問い合わせはこちら

 

タイトルとURLをコピーしました