犬の整体ビフォーアフター~ガニ股のシーズー

犬の整体

こんにちは。

犬の訪問整体歩くいぬです。

シーズー レナちゃん 11歳

こんにちは。
犬の整体師の佐々野です。

動物医療の発展や飼い主さんのケアが良くなったことで今の小型犬の11歳といえば人で言えば50代後半といったところかと思います。

シニアには違いありませんがそんなにお年寄りでもないです。
が、画像のように後ろ足がガニ股になってしまっているワンちゃんは時々見かけますね。

股関節が外転してしまい、膝とかかとの位置が股関節より外側に位置してしまって関節や筋肉の負担が大きくなっています。

股関節から膝・かかとの位置を画像で比べてみました。

柴犬のほうは股関節から膝・かかとがまっすぐ下りているのに対しレナちゃんは膝からかかとがだいぶ外に位置してしまっています。
「ガニ股」という表現が分かりやすいかと思いますが、これでは後ろ足でうまく体重を支えられず前足に負担がかかってしまいます。

実際レナちゃんは背中のあたりの筋肉がとても固くなっていました。
右側の腰と前後モモ、左側の前後モモと殿筋にもコリが見られました。
レナちゃんの場合背骨の湾曲も見られたので右側より左側を大きく動かさないとまっすぐに歩けなかったのではないかと考えます。

犬の殿筋について

股関節の動きには足の筋肉が大事なのはもちろんのこと、外転(足を開く動き)するのにお尻の筋肉「殿筋」が大きく関わっています。

犬の殿筋はここにあります。
よく尻尾の下(後ろモモの位置)がお尻だと思われていますが犬のお尻は腰の後ろの辺りだと思ってください。

殿筋には「浅殿筋」「中殿筋」「深殿筋」がありいずれも股関節を伸ばしたり外側に動かすときに縮んで働きます。
左右のゆれに対して抵抗する筋肉でもあります。

股関節の動きに関わって犬の歩行には欠かせない大事な筋肉なのですが弱りやすい筋肉でもあります。

整体後はガニ股が改善されました。

股関節から膝・かかとの位置が中央によって少しマシになってますね。
背中のコリが非常に硬くそれをなんとかしてあげたいとそこを重点的にしていたので、後ろ足をもっと重点的にしてあげたらもっと変わったかもしれません。

後ろ足の踏み込み、蹴りだしもしっかりしたので歩きやすくなったと思います。

そして腰の左右のフリがマシになりました。
同じ一歩の時のお尻の見え方が違うのが分かると思います。
特に右側は腰のあたりにコリがあったのでそこが緩むことにより腰を一生懸命振らなくても歩けるようになりました。

後ろが凝っていれば当然前にも負担がかかっているので固いコリがありました。
特に首から背中の辺りには鉄板が入っているかのようなとっても固いコリがあり指が全然入りませんでした。
そこを重点的にケアすることにより、ギューッと縮んでいた筋肉が緩みゆったりした背中になりました。

とってもリラックスしてくれたレナちゃん

整体にはあまり関係ないのですが(いや、むしろ一番大事な要素かも?)整体中とってもリラックスしてくれたレナちゃん。
最初は初めてのことでちょっと嫌がって逃げ腰でしたが気持ちいいと気付いてくれたのか5分ほどで画像のような状態になってくれました。

触るのは主に背面なので嬉しい反面ちょっとやりにくかったり…でもこんなにリラックスしてくれるととても嬉しいですね。

飼い主さんからは、いつもより食欲があったとご報告をいただきました。
整体は運動と同じような効果があるのでお腹がすいたり便通が良くなったりしますよ。

犬の整体、食育などその他のブログはコチラ

「犬の整体師がお伝えする簡単おうちマッサージ&筋トレzoom受講」はコチラ

お問い合わせ等はこちら

 

タイトルとURLをコピーしました