ビフォーアフター3

7歳チワックス

2歳ヘルニアで一時歩けなく、便の踏ん張りなどきかなくなった。

手術はせず注射で治った。

■ビフォー

右側のコリ(広背筋、上腕頭筋、背中全体、大腿直筋など)

前モモのコリは両足に強くあった。

首コリが強く肩甲骨の動きを邪魔していた。

■アフター

前後モモのコリが解消されたので骨盤があがり股関節の可動域が広がった。

特に首のコリ、上腕頭筋のコリが解消されたので肩甲骨の動きがよくなり首の詰まった感じも解消された。

膝の位置が変わって立ち方が改善された。

関連ブログ→https://arukuinu.com/chihuax-7/

2歳シベリアンハスキー

一年以上前に前足をひいてしまった。

今はもう(見た目は)問題なし。

それのせいかどうかは分かりませんが左に大きく頼っていました

■ビフォー

左の前後に強いコリ。後ろをひきずる時がある。

後ろモモのコリが強く前へのストレッチ嫌がる。

指が硬い。

左のコリが強いので体が左に湾曲していて歩くときパッドの位置がずれている。

菱形筋、浅胸筋のコリ。

■アフター

左のコリが解消され体の湾曲が改善されたのでパッドの位置がまっすぐになりました。

肩甲骨の動きが改善されました。

股関節の可動域が広くなりました。

3歳柴犬

三カ月の時に左前骨折した過去

右後ろを時々あげる。痛みなし。獣医さん異常なし。

■ビフォー

左前の骨折のせいか右に頼っている。

上腕頭筋、上腕三頭筋、薄筋に強いコリ。

背中も硬いが極度の緊張のせい?→様子見

骨折した左前は底屈しにくい。

左の腰がかたく、少し唸る(ドッグスキャンで左の腎臓ひっかかったそう)

■アフター

上腕頭筋がゆるんだので頭があがった。

薄筋のコリが少し残るも解消されたので骨盤があがり股関節の可動域が広がった。

右の後ろを時々あげるのは薄筋の強いコリが原因?

アフターはあげなくなったとのこと。

16歳トイプードル

編集中

17歳ミニチュアダックス

編集中

7歳ポメラニアン

編集中

14歳チワワ

編集中

2歳ラブラドールレトリバー

編集中

5歳ビションフリーゼ

編集中

1歳トイプードル

編集中

タイトルとURLをコピーしました