鹿の後ろ足の骨格標本を作りたい!①

ペットのたわいないお話

こんにちは。

犬の整体とケアのお店歩くいぬです。

このブログは元動物病院勤務、現在犬の整体師をしている佐々野が書いています。

とあるツテのお陰様で鹿の後ろ足をゲットしました。

※この為に殺生したわけではありません。

整体とは関係ないと思われるかもしれませんが
骨格はとっても大事だし興味があります。

どんな骨格でも本物を見てみたい!

せっかく頂いた命です。

ありがたくきちんと綺麗に骨格にしてみたいと思います。

 

作業①とりあえず煮込む

今回頂いたのは大腿骨(太ももの骨)、下腿骨(スネの骨)、中足骨(足の平)~爪まで

いわゆる「後ろ足一本」です。

爪がついていて「ひゃ~~~」となりましたが

煮込んで解体してみると色んな発見がありめちゃめちゃ面白かったです。

お肉が少しついていたのでこれを取る為にとりあえず煮込みます。

鍋からはみでる足先。。。

煮込んでるうちに色んな部品(?)がはずれ収まりました。

さらに色んな所がはずれていき(組み立てられるのか不安)

ついに圧力鍋に入ったので最後は圧力に頼りました。

 

お肉は軟骨やコラーゲン組織に至るまできれいに掃除しておかないと

後にえらいことになります。

先に頂いて標本化した前足の上腕骨のにおいがなかなか取れません!

 

今日はここまで。この後の作業

肉をあらかた取った後はさらに残っているタンパク質を除去するために
「タンパク質除去剤」に漬け込みます。

調べると「パイプ洗浄剤」や「ポリデント」がいいらしい。

というわけでパイプユニッシュの類似品(オリジナルブランドの安いヤツ)に

漬け込みます。

ここでしっかりタンパク質を溶かしておきましょう。

ほんまにえらいことになるので。。。

その後は骨の油抜きをして白くしたかったら漂白剤につけるらしいです。

(私もシロウト)

最後に天日干しして完成!のはず

 

初めての骨格標本作りに鹿という大物にチャレンジしてしまいましたが

おうちだと手羽先とか魚がやりやすいそうです。

なんかはまりそう。面白い標本作り。

タイトルとURLをコピーしました