犬が横座りする理由とケアの方法

犬の整体

こんにちは。

犬の訪問整体歩くいぬです。

おうちのわんちゃん、足を横に投げ出してお嬢さん座りしていませんか?

わんちゃんもたまにはお嬢さん座りすることもありますがいつもしてるなら要注意。

見ていてカワイイ姿勢ですが筋肉のコリが邪魔をしてちゃんと座れないのであれば放っておいていいものではありません。

詳しく解説していきます。

 

なぜ横座りするのか

※触ると怒ったり痛がるようなら病院へ行きましょう。

可能ならその場でしゃがんでみて下さい。

足はどうなっていますか?

股関節、ひざ、かかと、と最大限に近いくらい折り畳まれていますよね。

犬のオスワリの姿勢はそれに近い状態です。

もし太ももの後ろにクッションを挟んだらどうでしょう。

きちんとしゃがめるでしょうか?

クッションの厚さによってはなんとか座れるかもしれないし、厚みがあれば座れずに前に押し出されるかもしれません。

それでもその場に座れと言われたら・・・

足を横に投げ出すか前に投げ出すか、しかないですよね。

犬の横座りも同じ理由です。

横座りの原因の一つは筋肉のコリです。コリが邪魔をして座りにくいので足を横に投げ出すのです。

太りすぎの子も横座りしがちです。お腹が邪魔をして座りにくいので横座りになります。

太りすぎなら痩せましょう!他の病気になってしまいます。

コリが原因ならケアしてあげられます。

 

犬の横座りにケアしてあげるべき場所は

うまくしゃがめない原因のクッションが筋肉のコリです。

コリをほぐしてあげないときれいに座れません。

なのでマッサージでコリを柔らかくしてあげましょう。

後ろモモやふくらはぎの辺りをマッサージしてあげます。

加えて前モモにもコリがあると座りづらい原因になってしまうので前モモもケアしてあげます

整体のアプローチ

整体では同じく後ろモモ、前モモに加え腰にもアプローチします。

モモの筋肉は股関節の可動域にも関わっているのでしっかりほぐしてあげると歩きやすさにも繋がります。

モモには大きな筋肉があるのでしっかりほぐしてあげる事はとても大事です。

そしていつも歪んで座っていることで腰の筋肉に左右差が出ていることがあるので腰もケアします。

一部では「パグ座り」といってパグやフレンチブルの可愛らしい一面として人気らしいですが・・・

決していい事ではありません。

 

タイトルとURLをコピーしました