犬のガニ股について

犬の整体

こんにちは。

犬の訪問整体歩くいぬです。

愛犬のガニ股が気になりますか?

ガニ股で歩いているワンちゃん、結構見ます。

ガニ股のワンちゃんはヒザも上手に使えておらずロボット歩きになっています。

見た目の悪さだけでなく筋肉や関節にも大きな負担がかかっていますよ。

犬はなぜガニ股になるのか

ガニ股は難しい言葉でいうと「股関節の外転」です。

犬の股関節は曲がる、伸ばす、外に開く、内に閉じる、という動きができます。

いずれも股関節が勝手に動くことはなく筋肉が動かしているのですが、ガニ股になるというのは「開く」という動作をする筋肉が縮んで固まっちゃった、または「閉じる」という動作をする筋肉が伸びて固まっちゃった、という状態です。

股関節を開く筋肉はお尻の筋肉で、閉じる筋肉は後ろモモや内ももの辺りの筋肉です。

要するに後ろ足周辺の筋肉がコリ、またはハリが原因でガニ股になってしまってるんですね。

ならばこの辺りの筋肉をケアしてあげればガニ股は改善するということです。

うちの子ガニ股?のチェック方法

  

左の柴犬はそんなに悪くないが、右のシーズーは股関節が開いてしまってます。

たまになら心配ありませんがいつもこのような立ち方をしてるならケアしてあげた方がいいでしょう。

おうちのワンちゃんが何気なく立っている時やお散歩の時にチェックしてみて下さい。

 

犬のガニ股を放置するとどうなるか

ガニ股は人も犬も美しい歩き方とは言い難いですよね。

別に歩き方綺麗じゃなくてもいい、犬だし。とはいえガニ股は見た目の悪さだけの問題ではないんです。

どんどん広がっていく

ガニ股は後ろ足周辺の筋肉の伸び縮みのバランスが崩れることで形成されています。

崩れたバランスのまま筋肉を使い続ければコリはますます固くなり、ハリとなっている筋肉はますます張っていきます。

結果どんどんガニ股は広がっていきます。

中心から外にずれればずれるほど負担が大きいという事は想像に難くないですね。

ハリとなっている筋肉は緩めてあげないと使えないので使い方も悪くなっていくでしょう。

 

膝が使えずロボット歩きに

後ろ足周辺の筋肉の使い方が悪いので膝がうまく使えなくなります。

ガニ股のワンちゃんは膝が曲げにくいので(膝を曲げる筋肉も伸びているから)伸ばしたまま前に出す「ロボット歩き」になります。

あなたは膝を曲げないロボット歩きで買い物にいけるでしょうか?

やってみたらわかりますが地面からの衝撃がダイレクトに腰やお尻にきます。

これが長時間続くのは結構辛いですよ。

ガニ股のワンちゃんへ整体のアプローチ

ガニ股のワンちゃんはお尻と後ろモモ、内ももの筋肉がコリ、またはハリとなって固まっているのでそこを重点的にケアします。

一回の施術であまり変化がなかった子でも回数を重ねる事で確実に変わってきます。

 

タイトルとURLをコピーしました