種子島アニマルレスキューさんのカレンダー完売しました!

種子島アニマルレスキュー

こんにちは。

犬の整体とケアのお店歩くいぬです。

このブログは元動物病院勤務、現在犬の整体師をしている佐々野が書いています。

なんと!500部全部完売したそうです。

支援者の方が作ってくれたカレンダー。

一部1000円と高めでしたが500円以上が寄付となっています。

完売すると27万円ほどの寄付になるそうで

すべて猫や犬の避妊去勢手術代、お薬代などに使われます。

寄付金って何に使っても寄付した人は文句言えないそうですよ。

代表者の生活費や遊びに使われても寄付した以上文句言えないんです。

 

種子島アニマルレスキューの吉岡さんはそんなことには使いません。

彼女は元経理の仕事もしていたので伝票や領収書はいつでも出せるように

整理していますし、収支もちゃんと管理されています。

最近では島内でもボランティアでお手伝いしてくれる方が増えていて

遠くから応援しているだけの私もちょっと安心です。

 

種子島の人はまだまだ古い考えの人も多くて

お金をかけてわざわざ手術しないそうです。

生まれた仔猫は袋に入れて海や山へ捨てに行くんだって。

令和の時代に信じられませんがそんなことを普通にするご老人も

いるのだそう。

犬もチェーンで外に繋ぎっぱなし。

ひどいと山に繋いでおいて週一にご飯あげに行くとか。。。

信じられません。それで「飼ってる」といって手放さないのだとか。

水も汚いボウルがおいてあってゴミが浮いて虫が湧いていたりするし

雨風はしのげません。

とはいえ、保護活動はなかなか手が出せるものではありません。

それを始めた吉岡さんは。。。変態。といってもいいほど

動物愛の深い人です。

自分にはなかなかできない。せめてと思って応援しています。

カレンダー買ってくれたり猫砂送ってくれたり

(ちなみに今はフードが不足しているそうです)すると支援になります。

どこかに寄付したいけどどこにすればいいのか分からない、とか

変なことにお金使われるの嫌だし・・・って方はぜひ

種子島アニマルレスキューさんを応援してあげてください!

インスタはコチラ

知ってもらうだけでも嬉しいです。

もし「猫飼いたいな」って悩んでるお友達がいたら

保護猫をオススメしてください♪

猫はいつでもいるし今は仔猫ちゃんもいっぱいいますよ。

↑カラスに連れていかれそうだったところをレスキューされた

ラッキーガールのまなちゃん。

保護猫、保護犬ちゃんたちは運がいいんです!

 

★常に募集★
猫砂(軽い素材)
ドライキャットフード
かつおぶし、いりこ🐟
ペットシーツ(ダブルワイド)
ウンチ袋
洗濯用洗剤

★応援物資送り先★
〒891-3601
鹿児島県熊毛郡中種子町納官4220-1
種子島アニマルレスキュー
吉岡裕美(よしおかひろみ)
090-1593-8485

★募金を考えてくださる方
鹿児島相互信用金庫
中種子支店(なかたねしてん)
普通1110655
種子島アニマルレスキュー

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました