ただ「立つ」や「座る」の姿勢を維持するのも筋力いるんです

犬の整体

こんにちは。

犬の整体とケアのお店歩くいぬです。

このブログは元動物病院勤務、現在犬の整体師をしている佐々野が書いています。

整体をすると動きが良くなります。

それは筋肉がほぐれる事で関節を大きく動かせるようになったり左右のバランスが整ったり

するからであって、決して筋肉が大きくなったからではないです。

改めて聞くと「そりゃそうでしょ」って思うかもしれませんが、勘違いしている方も

結構いらっしゃる。

整体をすると「立てない子は立てるようになり歩けなかった子は歩くようになる」と思って

いる方がいらっしゃる。。。

「そりゃ無理な話ですよ」と思うわけです。

 

動くだけじゃなくてただ姿勢を維持するだけでも筋肉使ってる

ただ立つ、座るを維持するのも筋肉って使ってるんです。

歩けなくなってから、立てなくなってから「整体だ!」って思って取り入れても

それはもう手遅れかも。。。

そもそもの筋力がその子になければいくら筋肉のケアをしたって立てないし歩けません。

だからそうなる前に手を打って欲しいと思います。

筋力が落ちてしまう前にその筋力を維持する努力をして欲しいです。

 

そうなる前って具体的にいつ?

何もない「今」です。

動きが悪くなったなぁ、歩くのが遅くなったなぁと飼い主様が感じる時は

筋力低下がやっと明るみに出てきたって事で、相当前からキテます。

犬も猫も私たちも、昨日より今日、今日より明日は一日歳をとる。

私たちは老いを自覚できますが犬猫たちは教えてくれません。

だから何もないと思っている今からできる事をやって欲しいと思います。

うちの子も筋トレ中。滑り台はちょっと難しい・・・!

何もない今なら筋トレだって色々できます。

筋力が落ちてしまったら筋トレも出来なくなっちゃう。

人と違って筋トレをすること自体、犬は難しい所があるから

出来ることが色々あるうちに面白いと思えるものや楽しんで出来る事を

生活に取り入れていって欲しいと思います。

 

 

タイトルとURLをコピーしました