愛犬の体が歪んできたので整体しました

犬の整体

こんにちは。

犬の訪問整体歩くいぬです。

私は犬の整体師を名乗って犬整体をさせて頂いていますが

当然、我が家の愛犬だって歪んできます!

先日、後ろ姿を見た時に歪んでいたのでがっつり整体をしました。

 

 

からだの歪みをどこで見る?

からだの歪みを見るポイントはいっぱいあります。

歩いている時、座っている時、ご飯食べている時、寝ている時・・・

いつでもどこでも、よく観察していれば歪みに気付けます。

愛犬の場合は座った時の後ろ姿が分かりやすいです。

歪んでるの分かりますか?

どれも同日に撮った施術前の写真です。

後ろ足が左右で違いますね。

左の膝が外に見えて右足が中に入ってるように見えます。

 

 

どこを施術するべきか考える

一体どこがどうなってこのように歪んでくるのでしょう?

右足の中に入ってるから右足を重点的にする?

よく見ると背中が左に湾曲しています。

足だけの問題ではなさそうですね。

骨盤のねじれも考えられます。

「背中が左に湾曲し、右足の膝が中に入る姿勢」

はどうやったらできるのか?

骨盤をねじらないとこの姿勢にはなりません。

どのようにねじれているか?

どこに負担を感じるか?

どこの筋肉がどうなっているか?

考えます。

これがリラクゼーションを目的とするマッサージとは違うところ。

うちのこの場合、ポイントは左の腰です。(だけじゃないけど)

 

アフターはこう変わりました

施術は前も後ろも全部やります。

一通りやったあとはこう変わりました。

まだ要注意な感じはありますがだいぶ改善されました。

でも多分すぐ戻りそうだから日にちを開けずに二回目をしようと思います。

 

大事な事は歪みを放置しない事!

この歪みを放置しない事が大事なんです!

まずは歪みに気づくこと。

それには愛犬の観察が第一です。

うちの子はなんの支障もなく歩いてるけどこんなに歪んでる。

歩いてるからOKではない、という事です。

歪むのは普段のからだの使い方が原因のことがほとんど。

今回改善されたからといってそれがずっと保てるわけではありません。

使い方が原因なんだから。クセみたいなものだから。

歪みのサインは簡単マッサージケアプラスというセミナーでいくつか例をあげてお伝えしています。

愛犬専属整体師講座ではもっと詳しくお伝えしています。

まずは歪みに気づいてください。

 

後ろ姿を撮るのは一苦労

ちょっと神経質な我が家の愛犬。

真後ろから写真撮ろうとしたら「何事か」とすぐ立ち上がる。

後ろに回られるのが嫌なんですね。

そして寄ってくる。

撮ろうとした瞬間にふり返る。

「何しようとしてんの?」って警戒警戒。

でも実はこのふり返り写真からも、

やっぱりそこのコリが大きかったんだな、と分かったりしますよ。

協力ありがと!

 

タイトルとURLをコピーしました