今日のペット手作りごはんは豚汁♪

ペットのライフケア

こんにちは。

犬の訪問整体歩くいぬです。

今年はペットの食育についても発信していこうと思いつつ

ずっと犬整体についてのブログばかり書いていました。

食事も大事なケアの一つですよね。

うちは今朝、豚汁にしました。

 

猫には野菜のみじん切り

うちは柴犬とシャムミックスがいます。

犬はわりとなんでも食べてくれますが猫はちょっと難しいところがあります。

猫は犬ほど野菜は必要ではありませんが、それでも全く与えないのはちょっと問題。

少しでいいので食べて欲しいです。

でもざっくりカットじゃ絶対残す。

なのでうちはみじん切りにしています。それもかなり細かく。。。

ぶんぶんチョッパー」これかなり便利!

ニトリでMサイズ800円くらいです。壊れても汚れても気軽に買い替えられる価格です。

これで細かくしてあげるとお肉や卵に絡んでほとんど口に入っているようです。

 

お味噌の塩分は大丈夫?

ペットの手作り食において、塩分の心配をされる方が多いですね。

こちらのブログにも書きましたが実は塩分も大事な栄養素の一つなんです。

ブログ→「犬猫の手作りごはん、塩分が心配ですか?

神経の伝達や筋肉の収縮など大事な役割が色々あります。

塩分がなければ生き物は生きていけません。

なかでもお味噌はとっても優秀な食材なのでオススメです。

十分な水分があれば摂った塩分はちゃんと排出されます。

味噌汁をご飯にぶっかける「ねこまんま」はとっても健康的な犬猫飯だった、

というわけですね。

ペットフードには最初から塩分が入っています。

結石のコに獣医さんが薦める「PH調整フード」は塩分が多めに入っているので

よく食べる子が多い。

ストロバイトは水に溶けるので塩分を多くとって水を飲ませよう、という

それだけのフードです。

(ん?水に溶けるということは。。。手作り食は最適といえますね)

 

 

タンパク質不足にならないように卵もプラス

普通、豚汁には卵は入っていませんが犬猫たちにあげる時は卵をプラスします。

タンパク質はからだを作る最も重要な栄養素です。

タンパク質不足は、家を建てる時に木材や鉄骨がないようなもの。

家を建てる技術はあっても材料がなければ家は建てられませんよね。

からだはタンパク質の塊といっても過言ではありません。

用途がたくさんあるのでしっかり摂らせたい。

卵は「アミノ酸スコア」100の食材=とっても良質なタンパク質と言えます。

安くてどこにでも売っていて調理法も様々。オススメです。

 

ご飯がなかった!お餅入れちゃおう

猫はご飯を入れても全部残すので入れません。

猫はタンパク質から糖質を作る事が上手なので

しっかりタンパク質を摂っていればご飯がなくても大丈夫。

犬は炭水化物はあった方がいい。

でもご飯がなかった。。。今から炊くのも面倒くさいな。。。

というわけで冷蔵庫にあったお餅を入れました。

小さく切ってやれば上手に食べますよ。

犬は完食、猫はちょっと残しました。ちょっと多かったかな?

 

タイトルとURLをコピーしました