ペットの手作りごはん

ペットのライフケア

こんにちは。

犬の整体とケアのお店歩くいぬです。

このブログは元動物病院勤務、現在犬の整体師をしている佐々野が書いています。

私は愛犬、愛猫に手作りごはんをあげています。

少し前まではペットにはペットフードが当たり前、

人間の食事は塩分や糖分が多く病気になりやすい、

アレルギーになりやすいと言われていました。

ですが手作り食はとても簡単で安全ということが分かり、

なにより毎回大喜びするので今は完全手作りです。

動物病院で働いていた頃はちょっと怖くて

出来なかった事です。

 

ストロバイト結晶が出ていた愛犬

我が家の愛犬は6歳の時に保護犬で我が家に

迎えたのでそれ以前の生活は分かりません。

どんなものを食べてどんな環境で暮らして

いたのか・・・分かりません。

 

ストロバイト結晶が出ていたので

PH対応の処方食をあげていました。

 

ところが結石の本当の原因はそこじゃないという事、

食事よりもっと気を付けなければならない事が

あると思いました。

 

フードも良いし手作りも良い

もちろんペットフードが悪いとは思いません。

良質なものを選ぶ必要はあると思いますが

栄養バランスは調整されているし何より

便利ですもんね。

ペットフードでも手作りでもいいんじゃない、

というのが

APNAペット食育協会®のスタンスです。

「ペットフードVS手作り」みたいなやり取りを

見る事もありますが

どっちでもいいんじゃないでしょうか?

そもそも食事には何かを急激に悪くしたり

良くしたりするような

そんな強力なパワーはないと思っています。

食事はただの「ケア」。

食事よりもっと気を付けなければならない事

があると思います。

そして私たちやペットたちの体はとても優秀で

出来がいい!

少々傾いても元に戻せる力があるので

それを信じてみてもいいんじゃないでしょうか?

うちの手作り食はインスタに載せています。

タイトルとURLをコピーしました